セノビック

セノビックを飲んで悪影響や副作用の心配はある?成分を調べてみた

セノビック 成分 副作用

成長期応援飲料として人気のセノビック。子どもにグングン育って欲しいから、少しでも栄養のあるものを、という願いを叶えてくれます。

ただ、気になるのがセノビックを飲んで悪影響や副作用があるんじゃないかと心配する人もいるようですね。

安心して欲しいのですが、セノビックはあくまで栄養補助食品であるため、薬のような強い成分は入っていないんです。そもそも薬でない限り副作用や悪影響の心配はしなくても良いんですね。

はっきりお話すると、確実に背を伸ばす、という成分はありません。

ただ、セノビックには成長期に不足しがちな栄養素を補うことができ、さらに骨を研究して独自に配合されたボーンペップなどの成分から骨を強くしてお子さんの成長を助けるといったことができるわけです。

じゃあ一体セノビックにはどんな成分が配合されているの?と気になるかと思いますので、ここでセノビックの成分や栄養について詳しく説明していきたいと思います。

セノビック最安値

セノビックにはどんな栄養素が入っているの?

セノビックにはどのような栄養素が含まれているのでしょうか。

セノビックは子どもの成長に大切なカルシウム・鉄・ビタミンDをメインとして、オリジナルの配合であるボーンペップ・オリゴミル・ビタミンC・ビタミンK2が含まれた配合になっています。

栄養機能成分のカルシウム・鉄・ビタミンDの量はそのままに、ボーンペップ、さらに5品全てに独自成分「オリゴミル*」やビタミンCとビタミンK2も配合。
セノビックオリジナルの組み合わせです。

セノビックの「カルシウムビッグミックス」

  • カルシウム
  • ビタミンD
  • ボーンペップ
  • オリゴミル(ミルクペプチド)
  • ビタミンC
  • ビタミンK2

セノビックの栄養素:カルシウム

カルシウムなどのミネラルは体で作り出すことができず、食事などから摂る必要があります。

ですが、日本人の多くはカルシウムをしっかり取れていないんです。

下の表は、年齢別カルシウム推奨量を表しています。

年齢 男性(mg/日) 女性(mg/日) 
6〜7歳 600 550
8〜9歳 650 750
10〜11歳 700 750
12〜14歳 1000 800
15〜17歳 850 650

日本人の食事摂取基準(2015)より作成

例えば牛乳1杯(150ml)でどのぐらいのカルシウムが摂れると思いますか?160mgですね。実はたった1杯では1日に必要なカルシウム量の1/3も摂取できないのです。

他にもチーズやヨーグルト、小松菜、厚揚げ、煮干しなどにもカルシウムは多く含有されています。

でも毎日の献立の中にこれらの食品を入れることができるでしょうか。なかなか難しいと思います。

そこでセノビックの出番です。セノビックは毎日2杯飲むのが目安になっていますが、この2杯で1日に必要なカルシウムの88%近く補うことができます。(この88%には牛乳のカルシウムも含まれます)

セノビックの栄養素:鉄

鉄分も子どもに不足しがちな栄養素。鉄分はレバーやほうれん草、ひじきに多く含まれていますが、レバーが好きなお子さんってあまりいないと思います。ほうれん草苦手なお子さんもいますよね。

セノビックには1日に必要な鉄分の89%を補うことができます。

セノビックの栄養素:ビタミンD

カルシウムを効率よく摂取するのに必要なビタミンD。カルシウムの吸収を助けてくれますよ。セノビックで1日に必要なビタミンDの67%摂取することができます。

セノビックの栄養素:ボーンペップ

セノビックが他の成長期応援飲料には入っていない成分として推しているのがこの「ボーンペップ」です。ボーンペップは卵黄から発見された骨の成長を助けるペプチドたんぱく質のこと。

カルシウムと一緒に摂取することで骨の伸長をサポートする効果や骨密度を高める効果、丈夫な骨をつくる効果が期待できます。

これは成長期のお子さんには嬉しい成分ですよね!

セノビック最安値

-セノビック
-

Copyright© セノビック効果.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.